日本一の技術を広めたいと取引先から転職しました!

《入社のきっかけ》
技術に惚れて転職を決意。

実は前職は、名古屋刃型の取引先の社員だったんです。いわゆる“抜き屋”といわれる、型を使って裁断加工を行う会社で営業部長をしていました。その頃は、他メーカーの型も多数扱っていたのですが、名古屋刃型との違いは歴然。名古屋刃型に型を注文すると、どんなに難易度が高くても注文通りに上がってきます。精度が非常に高いのはもちろん、セッティングなしですぐに機械にはめ込み、切断できる型はなかなかありません。そんな名古屋刃型の技術の高さにすっかり惚れ込み、この会社の技術を広める仕事をしたいと転職しました。

《担当している仕事》
お客様の立場になって悩みを解決!

東海地区を中心に、日本全国に営業に行きます。一般的な型屋は抜き屋にしか営業にいかないのですが、名古屋刃型は大手の自動車メーカーや航空機メーカーなどをはじめ、加工部品メーカー、材料メーカー、組み付けメーカーなど、川上から川下まで取引先が幅広いことが特徴です。特に最新の機械を持たれているお客様ほど名古屋刃型の技術を求められますから、そういったお客様を中心に営業しています。私は抜き屋にいましたから、実際に型を使うお客様の立場を理解して営業ができるのが強み。お客様の細かな要望をとらえて、いかに技術の力で解決できるかをご提案しています。技術面で悩みを抱えたお客様ほど、大きな取引になることが多いですね。

《やりがい》
お客様が喜んでくれる姿が一番のやりがい。

営業ですから大きな数字を立てられた時が嬉しいですが、それ以上にやりがいを感じるのは、他メーカーができなかったことを自分たちが実現して、お客様に喜んでもらえた時です。名古屋刃型には簡単な仕事は来ないんです。他メーカーの型では不具合があるとか、どうしても精度が出ないなど、10あればいちばん難易度の高い依頼が来る。でも、どんなに難しい型でも名古屋刃型の職人たちはつくってしまうんですよ。お客様からは、日本一とよく言われます。自分たちで日本一というとちょっとおこがましいですけど、いろんなお客様からそう言っていただけるのは本当に嬉しいです。

《名古屋刃型の魅力》
新たなビジネスへと、広がり続ける可能性

一般的な型屋は、図面をもらって型をつくりますが、名古屋刃型では商品の開発段階から関わる案件も続々と増えています。最先端の技術に貢献する機会も多く、そのような仕事を将来に繋がるビジネスに育てていくのも営業の醍醐味です。近年は航空機や医療機器など、先端産業との取引も多く、溢れる可能性がこの会社の何よりの魅力であると感じています。


石川 光正
(2017年入社・営業部)